森林群集の長期変動プロジェクトへのお誘い

森林群集の長期変動の解明を目指したプロジェクトへのお誘い

<JaLTER科学委員会からのお知らせ>

JaLTER(日本長期生態学研究ネットワーク)が主体となり国立環境研究所が参画する、日本の森林群集の長期変動とその駆動要因の解明を目指したプロジェクトを進めております。

このたび、日本全国の森林で毎木調査を行っている方々に、共同研究者としてこのプロジェクトに参加していただくことをお誘い致します。対象は、既に、あるいは再測後に、10年以上の観測期間となる天然林毎木調査プロットで、データが未公開のものです。(公開済みデータについては、適切に引用し解析に含めます。)データ統合・論文化の作業は国環研の吉川さんに主担当していただくことになっています。詳細はをこちらをご覧ください。

特に、中国・四国・九州地方で、再測によって10年以上の期間となるプロットについては、できるだけ予算サポートを検討致します。

申込締切は8月16日です。

参加を希望される方は、科学委員会の中村宛(masahiro@fsc.hokudai.ac.jp)に以下の必要事項をこちらのファイルに記入して添付のうえ送ってください。

必要事項のリスト

1) 代表者の氏名・所属
2) 対象プロット数

各プロットの

3) 県
4) 緯度経度(できるだけ正確なもの。十進法の表記)
5) 標高
6) 面積
7) 林相(老齢林/二次林)と主要な樹種、過去と現在の撹乱についての概要
8) 過去の測定年月
9) 今後の再測の予定年月
また、再測を希望される方は予算配分の参考情報として、
10) 各プロットの再計測に必要な労力の見込み(人×日)

どうぞご検討よろしくお願いします。皆様からのメールをお待ちしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です