JaLTER副代表・ILTER-EAP議長の村岡裕由氏が国際会議にて基調講演

JaLTER副代表・ILTER-EAP議長の村岡裕由氏が、オーストラリアのダーウィンで2018年8月20-26日に行われた国際会議「OzFlux – AsiaFlux Joint Conference」にて基調講演を行いました。講演では、陸域の生態系・生物多様性・炭素およびGHGなどのネットワークを連携して統合的な観測網の拡充が衛星観測を中心とする地球観測コミュニティから期待されていること,そしてこれらの統合的観測・研究網の発展による Data->Knowledge->Information->DecisionのValue -> chainの醸成が国・地域・グローバルな環境問題への対応に重要な役割を持っていることなどについて,日本やアジアのLTERやAsiaFluxの研究事例などを交えながら紹介しました。 このレポートがTERNの広報(http://www.tern.org.au/Top-End-conference-on-environmental-change-in-Asia-Pacific-bgp4369.html)に掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です