TOP
TOP : JaLTER Open Science Meetingのお誘い
投稿者 : maita 投稿日時: 2017-10-13 08:30:35 (928 ヒット)

JaLTER(日本長期生態研究ネットワーク、http://www.jalter.org/ )では、
下記のようにOpen Science Meetingを開催します。

ワークショップ「アウトリーチと研究発表のためのデザインの基本」
シンポジウム「湖沼における長期生態モニタリング」
ワークショップ「長期生態学研究の未来をつくろう、考えよう!」
宍道湖見学
ポスター発表

など、盛りだくさんの内容です。
JaLTER関係者はもちろん、内外の研究者、学生さん、一般の方など、多くの方の参加
をお待ちしています。

島根大学・瀬戸、JaLTER事務局・田中

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日程 2017/10/28-30
共催 JaLTER
   島根大学エスチュアリー研究センター
   岐阜大学流域圏科学研究センター
会場 島根大学(松江キャンパス)
受入役 島根大学エスチュアリー研究センター・瀬戸浩二

【参加費】
・学生以外の職持ち参加者は、参加費1000〜2000円程度
(人数によって変動。会場準備や謝金等の費用に充てます。)
・シンポジウム(10/29)のみの参加は、無料

【詳細日程】
10/28
14:00〜 運営委員会(第一部) #執行部とコアサイト代表者

15:30〜18:00 ワークショップ「アウトリーチと研究発表のためのデザインの基本」
 講師 千葉大学・高橋佑磨
 ・ウェブページ・ポスター・資料等のデザインの基本について90分、の講義
 ・参加者が自身のウェブページ・ポスター・資料等のデザインを改訂する実技
 ・実技に対する講師からの助言
  参考資料:
  著書「伝わるデザインの基本 増補改訂版:よい資料を作るためのレイアウトの
ルール」
  ウェブ「伝わるデザイン:研究発表のユニバーサルデザイン」tsutawarudesign.
web.fc2.com/

19:00〜 懇親会(松江駅周辺)

10/29
9:00〜12:00 シンポジウム「湖沼における長期生態モニタリング」
  國井秀伸   宍道湖における水草・藻類の長期変遷
  瀬戸浩二   宍道湖における長期生態系モニタリング
         ―過去10年間の水質・底質環境の変化―
  倉田健悟   大橋川・宍道湖における底生生物の
         長期生態モニタリング
  松崎 慎一郎 霞ヶ浦の生態系機能・サービス研究
         −モニタリングデータのフル活用−
  仲岡 雅裕  厚岸湖の生態系の構造と変動
  中野伸一  琵琶湖湖水の水質の長期変化とプランクトンを
   介した物質循環とのかかわり
  田中 健太 水圏における環境DNAモニタリングの動向

12:00〜14:00 ポスター発表(コアタイム13:00〜13:30)

14:00〜17:00 宍道湖見学
       (白鳥号を貸し切り)
       ・定点調査のデモンストレーション(水質測定、採泥、底質の観察)
       ・水草・藻場の見学(船では近づけないので、見える所から)
       ・大橋川でヤマトシジミの観察
       ・観光地・嫁ヶ島の見学

10/30
9:00〜11:00 ワークショップ「長期生態学研究の未来をつくろう、考えよう!」
 ・参加者を少人数グループに分けて対話形式で議論し、時間内にアクションプラン
を提示する
 ・長期的な視点で取り組むべき未解決でホットな研究トピックスは何か?
 ・各サイトの長期生態系データを比較して、どのような面白い研究が可能なのか?
 ・ILTERネットワーク等を効果的に活用した国際共同研究の可能性は?
 ・それらを実現するためにどのような組織や活動が必要なのか?

11:00〜12:00 運営委員会 #執行部とコアサイト代表者
9:00〜12:00 データキャンプ #JaLTERサイト関係者

【参加申込】
参加申込み書を下記から入手してください。
https://www.dropbox.com/s/tia0a1aub8wfpkg/JaLTER%20OSM%20Sanka.xls?dl=0
そちらに記入して、10/20までに、
件名を「JaLTER OSM 参加申込書」とした電子メールに添付して、
瀬戸浩二<seto@soc.shimane-u.ac.jp>;宛てにご提出ください。

【ポスター要旨】
ポスター発表を希望する方は、
要旨様式を下記から入手してください。
https://www.dropbox.com/s/wwthckwyy70ht39/%E8%A6%81%E6%97%A8%E6%A7%98%E5%BC%8F.doc?dl=0
そちらに1頁以内で作成し、10/26日までに、
件名を「JaLTER OSM 要旨」とした電子メールに添付して、
瀬戸浩二<seto@soc.shimane-u.ac.jp>;宛てにご提出ください。

【宿泊】
松江駅周辺のビジネスホテル等を、各自でご手配ください。
会場の島根大学まで松江駅からバスで行けます。
学生さん等は、中海分室の宿泊も可(一泊800円)。会場から遠いですが、受入側で
車送迎を手配します。最大人数は15名ほど。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。